引越しをする時に大切になってくることといえば、何と言っても荷物の整理です。余裕を持って荷造りをしておかないと、引越しの直前になって慌てることになります。また、荷物の詰め方がいい加減ですと、運送中のトラブルや、荷解きの時に面倒なことになったりしますので、単に物を詰める、というのではなく、後々のことを考えた適切な立ち回りというのが必要になってきます。
なお、必要な道具をしっかりとそろえておくということがまず大切です。ダンボールはもちろん、ガムテープや緩衝材もあると良いでしょう。
緩衝材と言いましたが、荷造りの際に大きなポイントとなるのが、中味が壊れないように詰めると言うことです。物には壊れやすい物があります。形の問題であったり、素材の問題であったり色々ですが、荷物に合わせた梱包の仕方というものが必要です。
例えば、お皿は壊れやすいアイテムの代表とも言えるものですが、これを裸で詰めてしまっては大変なことになる恐れがあります。一つの方法としては、新聞紙などの紙で1枚ずつ包むといったものがあります。しかし、これを1枚1枚行っていたらとんでもない作業量になってしまいます。そこで覚えておくと便利なのがラップを使用した梱包方法です。同じサイズのお皿があった場合は、何枚も重ねた状態でラップをグルグル巻きにするのです。こうすると、かなりしっかり固定することができます。こういったまとめてしまう方法も併用していくと、時間を大幅に節約できて良いでしょう。
また、形が悪いものを詰めた場合と言うのは所々隙間が空いてしまうものです。変に隙間が空いていると、それだけ物が動きやすく、破損の原因となりますから、こういった隙間に丸めた新聞紙などを詰めて行くと良いでしょう。なお、緩衝材にエアキャップを使用するのも良いのですが、あまりたくさん使用すると、引越し先で荷解きをした後に、保管する場所を用意しなくてはなりません。ですから、こういった新聞紙などの他の物で代用できる場合は、そうしておいた方が良いでしょう。なお、他の代用品としては、チラシなんかもそうですが、タオルやブランケットといったものも使えます。どうせ運ばなくてはならない物を緩衝材にしつつ運べるという面白味があります。
なお、荷物を詰めて行く際には、できるだけ壊れやすい物を上にしておくと良いでしょう。また、ピアノ 売る 相場などを調べて重いものを売ってしまうのもオススメです。当たり前とも言えることですが、慌てて作業をするとこういった細かな点も忘れがちですので、注意が必要です。